ブログ

IT導入補助金

提案のポイント

①登録されたITツールから選ぶことが必要(補助金公式サイトで検索)
 インボイス対応に活用可能(デジタル基盤導入枠)
 PCやタブレット、レジ、券売機等も補助対象となる(デジタル基盤導入枠)
 IT導入支援事業者による申請・手続きのサポートが必要
②採択率:通常枠約70% デジタル基盤導入枠約80%
③入金時期:交付決定から約8か月後

※会計・受発注・決済・ECソフト導入(クラウド利用料は最大2年分)ができる「デジタル基盤導入類型」の補助金額は、最大350万円である。

令和4年度第2次補正予算では、補助金下限が廃止され、安価なITツールの導入でも利用可能となり使いやすくなっている。

採択率も高く、PC等の購入も補助対象となるなど、インボイス対応のツール導入にあたっては積極的に提案したい補助金である。

関連記事

  1.     ものづくり補助金
  2.     事業再構築補助金第10回公募が開始!主な変更点は?
  3.     事業承継・引継ぎ補助金
  4.     事業再構築補助金
PAGE TOP