ブログ

ものづくり補助金

提案のポイント

①新商品・新サービスの「革新性」が必要
 新市場への進出は要件とされていないが、設備導入による生産性の向上が要求される
 賃上げの要求があり、未達の場合は補助金の返還を求められることに留意
②採択率:直近の採択率は約60%(グローバル展開型約40%)
③入金時期:交付決定から約1年後

※最大補助金額1250万円となり(グリーン枠、グローバル市場開拓枠除く)、採択率も約60%と事業再構築補助金より高くなっている。

令和4年度第2次補正予算では、最大補助金額4000万円の「グリーン枠」に温室効果ガスの排出削減の初歩的な取組でも申請可能とする「エントリー類型」が設けられた。

令和6年度まで切れ目のない公募が予定されており、最適なタイミングでの申請が可能となっている。

関連記事

  1.     IT導入補助金
  2.     事業再構築補助金第10回公募が開始!主な変更点は?
  3.     事業承継・引継ぎ補助金
  4.     事業再構築補助金
PAGE TOP